歯科衛生士のお仕事をご紹介します

歯科衛生士って知っていますか

歯科予防処置ってどんなことをするのでしょうか

歯科医に行くとほとんどの所に歯科衛生士さんと歯科助手さんがいます。
歯科衛生士と歯科助手の違いはどこでしょう。
同じ歯科医にいたら気がつかない人もいるかと思いますので整理してみましょう。
歯科助手は特に資格が必要なわけでは無く、通信教育でも学習可能です。
歯科助手は患者さんに直接触れるような医療行為や予防処置などは禁止されているため、仕事内容は受付業務や患者さんの口腔内に触れないで行う診療補助業務、片付けや滅菌などといったアシスタント業務など雑務全般を担当しています。

それに対し歯科衛生士は厚生労働省指定の歯科衛生士養成機関で3年間専門教育を受けた国家資格となります。
歯科衛生士のお仕事は主に次の3つに分けられます。
1、歯科予防の処置、2、歯科保健指導、3、歯科診療の補助となります。
歯科医では診療の補助のほかにも歯科予防として患者さんの歯や歯茎の状態を確認してそれに合わせた歯垢、歯石除去や虫歯予防にフッ素塗布を行ったり、ブラッシングの指導を行ったりします。

また歯科衛生士は歯科医で診療のアシスタント以外にも様々な場面で活躍しています。
話す、食べる、笑うといった場面などで綺麗な歯や口は欠かすことはできません。
そんな中、歯科衛生士は、幼いお子さんからお年寄りまでオーラルヘルスケアを通して歯科疾患の予防、口腔衛生の向上といった患者さんの生活を守り病気にならないよう健康づくりをサポートします。
病院・歯科医院だけでなく介護施設、ご自宅に訪問し口腔ケアをサポートする方も増えてきています。

さらに最近は美容の面からも歯科に注目が 集まっています。
綺麗な顔していても歯並びが綺麗でなかったら、それだけでも笑顔の美しさが半減してしまいますよね。
歯科矯正やホワイトニングといったことを行っています。

▲ TOPへ戻る